FC2ブログ

中原まつり実行委員のひとりごと・・・

地元のまつりに、消防に、子育てに奮闘中!(仕事はどうしたぁ!?)

スポンサーサイト 

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供みこしの作り方 その2 


子供みこしの作り方、その2です。

まず、御輿の台に白布を巻きます。

mikoshi001.jpg

中原みこしの台については、昔ながらの竹で作られているため結構重量があります。

樽の台座部分はコンパネで作られています。

台座の大きさは、上に置くみこし本体の大きさで作成すれば良いと思います。

なお、子供みこしですので中央に樽を置くことができ、人が乗らないのであれば出来るだけ軽量な素材で台座を作成した方が良いでしょう。

例えば、脚立やホームセンターに売っているイレクターパイプなどを使うことも有りでしょう。

イレクターパイプで子供みこしを作ったすごい方もいらっしゃるみたいです。

要するに、工夫次第って事ですね。

mikoshi002.jpg

白布を巻いたら、その上から赤布を巻いていきます。

きつく巻いていけば、裏に接着のテープや糊は必要ありません。

mikoshi003.jpg

接着部材がいらない代わりのポイントは「きつく、しっかりと巻く」ということです。

ここで緩く巻いてしまうと、担いでいるときに布が動いてしまったり、緩んでしまうので、出来るだけきつくしっかりと巻きましょう。

mikoshi004.jpg

最後に、麻ひもなどで固定します。ここでもしっかりと固定しましょう。

紐は、ビニール紐でもかまいませんが、緩んでしまったり、また折角の御輿ですので、雰囲気を出すためにも出来るだけ麻ひもなど使った方が良いでしょう。

mikoshi005.jpg

先端部もしっかりと固定することをお忘れなく。

ここが緩いと担いでいるときに、布がずれてしまいます。

なお、当日少し濡らしておくと緩みにくくなります。

mikoshi006.jpg

続いて、台座に樽を乗せ固定します。

樽は御輿用の樽のため中は発泡スチロールが入っているのでとても軽量です。

中原子供みこしでは、一斗樽4個を使用し、下に三つ樽をそれぞれ樽同士を固定し、上にもう一つ樽を乗せ樽同士を固定します。

この段階では、台座と樽は固定しません。樽同士を固定し形を整えます。(樽名が見えるように配置すると良いでしょう。)


続いて、樽と台座を固定します。

mikoshi007.jpg

中原子供みこしでは、激しく御輿を動かさないため、紅白の紐で台座と樽を固定します。

紅白紐のかけ方に特に決まりはありませんが、中原子供みこしでは前から後ろに紐を掛け、後ろ部分で紅白紐を結びみこしらしく見せています。

mikoshi008.jpg

この辺も特に決まりなどはないため、御輿らしく見えるように結べれば良いかと思います。

mikoshi009.jpg

これくらいの結び方であれば、余程激しく御輿を担がない限りは、樽がずれてしまうことはありません。

続いては飾り付けを行います。

mikoshi010.jpg

先ほどの固定用の紅白紐を掛ける前に、最上部の樽の上にお札をのせる台を固定しておきます。

この台も紅白紐と一緒に固定すれば良いでしょう。

正面最上部には法鳳凰を取り付けます。

中原では市販の発泡スチロールで出来た鳳凰(3,000円程度)を使用しています。

この鳳凰も発泡スチロールでできた物から、木製の高級品までありますので、予算に応じて購入すれば良いかと思います。

mikoshi011.jpg

最後に、御輿を飾り付けします。

この飾り付けに決まりはありませんので、感性で飾り付けてください。

子供たちに飾り付けをやってもらうのもいいかもしれません。

中原では市販の飾りと、花紙で作った花を使っています。

mikoshi012.jpg

そして完成です。

中原では毎年子供みこし出発前にお祓いをしていただき、お札を御輿正面に付けています。

子供みこしを初めて始められる場合、これがなければ子供みこしではない、といったことはまったくありませんので、予算と感性で作成されれば良いかと思います。


どんな御輿にするか、どんな御輿になるのかなど、仲間の方や子ども達と一緒にとワイワイ話をしながら作成されると楽しく、また良い御輿が出来ることは間違いないでしょう!


少しは参考になったでしょうか?

皆様の子供みこしが、思い出深いものになることを心より願っております!!


ブログランキングに参加中です!少しでも参考になった方はポチッと押してください!!
にほんブログ村 地域生活ブログへ  
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと一押してください。励みになります(o^^o)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

中原まつり実行委員

Author:中原まつり実行委員
-「中原」ってどこだね~。
-えっとの~「中原」って所はの~、米のうんめ~新潟県魚沼市の小さな田舎の町内だて~。数少ない「若い衆」が村のため、子供のため、自分のためにそ、頑張っているがんだて!
-そういがんか?頑張っての~。
※ブログ内で方言は使われておりません。安心してご覧下さい。
なお、このブログは「写真」を中心に、まつり実行委員会の活動を書き留めてみようと思ってます。
※ほかにも、子供みこしの作り方、灯籠の作り方、団扇の作り方など、色々なまつり準備のことも紹介します!

※このブログは中原町内が運営するページではありません。あくまでも、中原まつり実行委員の独り言です(__)


※中原まつり実行委員会のブログ・HPに掲載されているすべての写真・記事等の著作権は、中原まつり実行委員会にあります。許可なく無断転載・転用・複製・使用等は堅く禁止します。

にほんブログ村 地域生活ブログへ

FCブログランキングに参加中!
優しく押してもらうか、本文中の[続きを読む…]をクリックしてもらうと・・・!


人気blogランキングにも登録しました!

ブログ内検索
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。